お知らせ

【下川町特産品人気№1ジュースがぷりんに!】『下川町とまと・ちーずぷりん』が5月20日(金)販売開始

【下川町特産品人気№1ジュースがぷりんに!】『下川町とまと・ちーずぷりん』が5月20日(金)販売開始

  • ​■下川町とまと・ちーずぷりん

「下川町とまと・ちーずぷりん」は、地元企業同士のコラボで生まれた地域の活性化を目指した新商品です。

【商品名】下川町とまと・ちーずぷりん
【販売価格】店頭価格 480円(税込)、オンライン価格460円(税込)※別途送料がかかります。
【販売期間】2022年5月20日(金)~なくなり次第終了

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「下川町とまと・ちーずぷりん」の特徴

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

下川六〇酵素卵をたっぷり使い、素朴でありながら濃厚なベースのぷりんと、とまとジュース「ふるさとの元気」をゼリーにし、チーズベースにしたぷりんの上に重ねました。
トマト・チーズ・ぷりんの組み合わせは意外にも相性抜群!

  • 下川町のご紹介

北海道の道北エリアに位置する約3200人の町、下川町。ほぼ東京都23区と同じ面積で、森林の町といわれるゆえんに町全体の9割は森林。SDGs未来都市にも選ばれている下川町はウィンタースポーツが盛んでスキージャンプの聖地、ジャンプ台が4つもあり、レジェンドを含めオリンピック選手が7名もいる町です。

魅力あふれる下川町には特産品も数多く、中でもトマトを丸かじりしたような濃厚で良質の塩味が爽やかな飲み口を感じさせるトマトジュース『ふるさとの元気』は、下川町特産品人気№1を誇る商品です。

  • 販売店舗 (■東京エリア3店舗 ■札幌1店舗 ■オンラインショップのご案内)

≪東京エリア≫
■西武新宿ぺぺ店
東京都新宿区歌舞伎町1-30-1 西武新宿ぺぺ2F ☎036-457-3350
https://goo.gl/maps/HivFPkqmxZJJrWGP8

■Emio武蔵境店
東京都武蔵野市境南町2丁目1-13 Emio武蔵境1F ☎042-226-1636
https://goo.gl/maps/1fChyRt7XzHjHtA29

■グランデュオ立川店
東京都立川市柴咲町3-2-1 グランデュオ立川1F ☎042-595-8535
https://goo.gl/maps/aNY7XmBg5sWsihM97

≪北海道札幌エリア≫
■札幌駅直売店
北海道札幌市北区北6条西4丁目札幌駅東口 ☎011-206-8515
https://goo.gl/maps/xvr8TcfmFTxGSFAG7

【オンライン】https://abe-youkei.shop-pro.jp/

  • 4冠受賞のえっぐぷりん

■Hanakoスイーツ大賞受賞(2021年)
■北のハイグレード食品2021受賞
■第28回北海道加工食品コンクール 北海道知事賞 受賞(2021年)
■優良ふるさと食品コンクール 国産畜水産利用部門 食品産業センター会長賞受賞(2021年)

  • あべ養鶏場

あべ養鶏場の「えっぐぷりん」のこだわりあべ養鶏場の「えっぐぷりん」のこだわりは『全て北海道の素材だけでつくる』。
えっぐぷりんを製造する「あべ養鶏場」は最北端の養鶏業として創業50年以上続く老舗の養鶏場。
その養鶏場で酵素を食べて育つ鶏が産む卵「下川(しもかわ)六〇(ろくまる)酵素卵(こうそらん)」と、塩・甜菜・牛乳・生クリームぷりんに使う素材は全て北海道の素材のみ。
製造も北海道の下川町でひとつひとつ丁寧に手作りで作ること『全て北海道』にこだわってつくっています。
あべ養鶏場の「えっぐぷりん」は、生みたてで新鮮な「下川六〇酵素卵」を贅沢に使い、そのほか北海道産(牛乳、生クリーム、甜菜糖、宗谷の塩)の素材のみで、余計な物をいっさい加えていない北海道をギュッと閉じ込めた一品です。こだわり抜いた先に完成した「えっぐぷりん」は、あべ養鶏場でひとつひとつ作られ、素材の良さを味わってもらおうと、カラメルを使っておらず、卵と牛乳の旨味がマッチした、濃厚で深みのある、風味豊かな味に仕上がっています。

お知らせ一覧へ戻る